2018.10.15
ぼくらの市民会館 秋

昨日は久々の休日だったこともあり、今治市民会館で開催されたイベント『ぼくらの市民会館 秋』に行ってきました。

 

DSC_1998

 

DSC_1984

この建物全体を使ってのイベントは初めてです。凄い!

 

DSC_2014

大階段をのぼると色んなお店が出店されてました。目移りする~

 

DSC_1990

三浦菓子店の三浦さんも出店。ずっと食べたかったマカロンは絶品でした! *来年春頃新店舗OPEN予定との事。

 

 

マカロンやわらび餅・コーヒーを飲みながら、あらためて周辺を散策。

DSC_1983

今治市民会館 1965年完成。

世界的建築家 丹下健三が手掛けた今治市内にある建築の一つで、鉄筋コンクリート造の重厚感あふれる外観。50年以上経っても色褪せないカッコよさ。何だろう・・・本当にカッコよくて美しい。

 

DSC_2002

今治市役所、これも丹下健三作。美しいと素直に思う。

 

DSC_2001

昔の市役所前から広小路を抜けて今治港までの写真が。何で泣けてくるんだろう?

 

丹下健三は終戦後焼け野原だった今治市中心部に市民が集える広場をこの市役所・公会堂・市民会館を囲んで作ったとか。前述のカッコよくて美しいと感じたのは、建築家の思いが市民ファーストで市民に愛される建築企画だったからでしょう。現在は駐車場になってますが、今でも今治の象徴的な場所には変わりないですね。

 

 

DSC_2020

18:00~LIVE 『冬にわかれて』

市民会館と音楽がこんなにも合うなんて。幻想的でイイ!

 

主催者で今治ホホホ座の豊島さんの最後の挨拶も印象的でした。以前から言われていますが、この市民会館は耐震性や維持管理の問題で取り壊しが議論されています。今治市が誇る文化遺産は大切に保存してもらいたいですね。

 

今回のイベントはただ楽しいだけではなく色々考えさせられて深かった、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

pagetop

CATEGORY


ARCHIVES