2013.1.5
賃貸収益物件を企画するにあたって

どの業界でもそうですが、お客様のニーズは多種多様化しています。この商品売れるのかなぁ?と思う商品が売れたり支持されたり、ファッションや車でも個性的な主張をしている方をよく見かけるようになりました。

賃貸マーケットについても選択基準として、既存の立地や住みやすさ+個性的な物件・デザイン性の高い物件に住みたい入居希望者は数は少ないが一定で確実な需要があると感じています。

 

また昨今の賃貸経営は大変厳しい環境にさらされており、松山市の賃貸住宅市場の空室率は22%にもなります。アイデアを駆使して他物件との差別化を図っても、思い切って大金を投入してリフォームしても、その手法が成功すると他物件でもすぐに模倣されます。結局『他と一緒』の物件になり、行き着くところは家賃の値下げでしか差別化できなくなります。

 

そこで思うのは簡単に模倣出来ないデザイン性の高い物件。表面だけではなく後からなかなか変更できない構造的な設計デザイン。マイホームでは味わえない面白い住み方提案。住むことが楽しい特徴ある賃貸住宅。そして赤字経営にならないような全体計画。

 

CA390147

 

 

今日は私のアツイおもいと決意のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.3
新築収益物件プロジェクト始動

昨日のブログに紹介した狭小地、購入することに決めました!!

狭小地は総取得価格は安いのですが、収益物件を建てる場合デメリット多いです。他にも色々あるメリット・デメリット・リスクを客観的に判断して、購入することに決めました!!挑戦です!!

 

DSC00845

 

 

いよいよ始まるプロジェクトに喜びと感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.2
挑戦

挑戦・・・たたかいをいどむこと by広辞苑

 

長年賃貸経営に携わっていて、ひそかな思いを胸にずっと抱いていました。

『既存のアパートやマンションはどれも同じで面白くないなぁ。自分が一から企画した面白い新築物件創りたいっっ!!』

 

そんな時(約1年前ですが)、ある土地と出会いました。立地もよく、大通りから少し入っているので静か。角地で風通しもよく、市内電車の駅から徒歩1分。しかし問題点がひとつ・・・・土地が狭い!いわゆる狭小地です。

 

DSC00847

 

ここで『挑戦』の二文字が頭をよぎる・・・

 

 

この狭小土地との出会いに感謝と感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.1
皆様 新年明けましておめでとうございます。

はじめまして 湯川住み方研究所  湯川一富と申します。

不動産に関わらせていただいて8年程になりますが、自身色々実践してきてつくづく思うのですが、

 

私、本当に不動産が大好きです!!

 

ですが、”面白い”不動産はまだまだ少ないです。
築年数・立地・土地形状などで価値が決まってしまう現状に、あまり面白くないと思っていました。

固定概念にとらわれない考え方、今まで松山に無かったものを創りたいという思いから
この度 湯川住み方研究所のホームページとブログを始めました。

湯川住み方研究所の一貫したコンセプト(社訓?)は

 

”みつけよう、自分らしい住み方。”

 

です。
皆さんに少しでも面白い不動産をご提案できるよう、日々楽しく活動していきます。
これから宜しくお願い致します。

 

 

pagetop

CATEGORY


ARCHIVES