TOP > インタビュー > vol.3 訪問インタビュー

湯川住み方研究所の住み方訪問インタビュー

 

どうして古本屋さんをやりたかったの?

どうして古本屋さんをはじめられたのですか?

武井 :
松山に帰ってきたのが2、3年前。
それまでは岡山で学生をしていました。学生時代に古本屋に通ううちに好きになっていきました。
こっちに帰って半年くらいしてから古本屋やりたいな、って。
昔の装丁も好きだし、かかれている文章も旧仮名遣いだったりして面白い。
戦前のものでもそれほど高くない。
古本は読むことで、知る楽しさを学ぶのが好き。
店主も変わっている人が多くて、それもよくて。

さっき男子学生の団体さんが、外のワゴンコーナーを見ていましたね。

武井 :
あんなにまとまって来たのは初めてですよ 笑
でもこの外観のおかげで、若い人もすごく関心を持ってくれてるみたいです。
たまたま通りかかる人、仕事帰りの人、きのうは高校1年の子も来たかな。
入ったことない人でも、外で立ち話すると、ずっと気になってたんです、とよく言われます。

ゼロから古本屋をはじめるのは大変だったのでは?

武井 :
愛媛の場合、最初の1年間は古書組合に入れず、まとまった仕入ができないんです。なので、最初は友達がフェイスブックで、「誰かいらない本を浮雲書店へもっていってあげて」って情報を流してくれて助けてもらいましたね。
以前は広報さんって呼んでる人がいて、ツイッターでここの本のおすすめとか流してくれてました。とってもありがたかったです。
湯川 :
最初は仕入に苦労されていて、組合にも入れなくて、仕入れるにも資金もいるし、お客さんにも少し心配されたり・・・
でも武井さんはまだ若いし、みんなが応援したくなる、みんなに愛されるお人柄だなって感じました。
武井 :
古本屋が好きで 自分が地方に行ったら必ず古本屋めぐりをするのに松山には行きたい古本屋がなかったんですよ。
魅力的な仕事もないし、自分がやるしかない。でも現実は厳しいです。
店舗で家賃払って古本屋なんてぜったいもうからないって人にも言われました。
だけど好きなモノに囲まれて仕事させてもらっているので、どうにかがんばって続けていきたいです。 
ずっと親しみのある柳井町商店街&湯川さんとの出会い。

物件探しはどのようにされたのですか?

武井 :
以前ここから自転車で10分くらいのところで独り暮らしをしていたので土地勘はありました。ここの商店街はなんかさびれているけど自由さはあるなと。勘のようなものです。学生の時もここを通っていたし、ここでやりたかったんです。そこでお世話になっている不動産屋さんにこの商店街で探してほしいと伝えましたが、ほとんど貸してくれるところがなくて。
そんな時、商店街の一画に貸テナントを募集している情報を聞きつけ、思い切って貸主の湯川住み方研究所へ連絡をしたのですが、湯川さんにも一度断られたんですよね。飲食店を探してる、って言われて。そしたら、しばらくしたら湯川さんからお電話がかかってきて・・・
湯川 :
一度断ってスミマセン 笑
この場所でお会いして、いろいろお話を伺いましたよね。
実は柳井町商店街の理事もやっているのですが、入居してもらうなら商店街とマッチしたお店、いい相乗効果が生まれそうなお店がいいなって。イメージとして街の食堂か喫茶店がいいかなって思っていました。
なので最初は古本屋さんときいて、決めかねていたんです。
でも最後の最後で「僕の大好きな古本を松山の人に知ってもらいたいんです!」って言った武井さんの言葉に情熱を感じて、この人だ!って決めました。
武井 :
結局は自分の好きな本をひとりでも多くの方に知ってほしかったし、地元で慣れ親しんだ場所で古本屋を始めたかったんです。

お店の改装工事も湯川住み方研究所に発注されたそうですが、
内装はどんな風に決めていったのですか?

湯川 :
ここは元々普通の事務所でした。お店をやりたいということで多少改装費は掛かるかなと。
でも開業するにあたって資金もかぎられていると言われてたのでどうしようかと。一緒に事前打合せをしていく中で、本棚は武井さんが全部自分でつくるっておっしゃって。
武井 :
下は古いロッカー、上の棚は自分で作りました。
工作は得意なんですよ。
だけど外観だけは湯川さんがまかせてほしいって。
湯川 :
武井さんが写真を持ってこられて、唯一のリクエストがヨーロッパの古本屋さんみたいに大きめのショーウィンドウがほしい、って。
僕の思っていたイメージとマッチしたんです。外観、特に正面入り口は大切なので、武井さんの手作りではなく僕にまかせてほしいって言いました。
武井 :
大きなショーウィンドウは最初ディスプレイがうまくできなくて、展示会をやった時にお招きした作家さんがディスプレイするのをみているうちに、少しずつできるようになってきました。

工事後の感想は?

武井 :
引渡し後に中に入って思ったのが、天井が高くなった!外から中が見渡せる!ライティングレールの使い方など細かいところがオシャレになってて、しかもこんなところ誰も見ないだろってところにもこだわってておもしろかった。大満足でした!
湯川 :
僕が古本屋さんをたくさん知らなかったので、先入観が無くて
逆によかったのかも。
武井 :
オシャレな店内のおかげで予想していた客層と違い、
いい意味で裏切られています。
ここからどんな交流が 生まれていますか?

柳井町商店街の方々とはどんな交流が生まれていますか?

武井 :
柳井町商店街の人たちとのつながりは向かいのお店とかから少しずつ。理事会にも湯川さんと参加したり。でもなにせ人通りが少なくて。 笑
湯川 :
ここはどこかノスタルジックでいい雰囲気を残していると思うんですよ。
それでいて立地は松山でも超中心部。だけど忘れられた商店街。
そんなのあったっけ?って。
今は商売をやめて、日中もシャッターを閉めたままの店は多くなってきてます。
だけど僕はこのままほっとくのはもったいないなと思っています。
昔から商売をされていた皆さんの考えや思いは尊重しなければいけないけど、やっぱり商店街なので人がどんどん入ってきて、賑やかで活気があるほうがいいのは間違いないんです。
武井 :
最近はいろんなイベントに参加しているのですが、
移転を考えている人から、柳井町商店街が気になっているから空いた物件があったら教えてね。とよく言われます。
湯川 :
若い武井さんが、こういう商店街でやりたいって言ってくれてうれしかった。
次々と現れてくれるといいな。
面白いイベント、はじまってます。

1年経ってどんな古本屋さんになってきましたか?

湯川 :
古本を販売するだけでなく、ここで落語会もされているんですよね。
武井 :
高校の同級生で快楽亭ブラックの弟子がいるんです。快楽亭ブラ坊って言います。卑猥な落語ですが、受けはよかったですよ。僕はイマイチでしたが、、、笑
他にも朗読をしてくれる方も三重県からご家族できてくれました。たいした儲けにもならないけど、旅行がてら楽しんで。こういった出会いやつながりもうれしいです。
あとは、松山天神市やブックマルシェにも携わっています。

これからやってみたいイベントってありますか?

武井 :
勉強会かな。ひとつのことを学ぶ、例えば織物のこと、四国で昔話で取り上げられるたぬきのこととか、農業のこととか、みんなで語り合いたいです。

最後におすすめの本を教えてください。

武井 :
今読んでる本はお店に出してないやつで、貸本屋で借りている本ですが、これちょっと変わってて「空色勾玉」。
児童書なんですが、古代に出てくる人たちが登場人物で小説になってます。
まだまだもっと本を読まなくちゃと思っています。

古くからここでお店を営み、暮らしている方々との関係性も大切にしながら、
商店街という場所をもう一度元気にしたいと語り合うお二人の姿は
オーナーと借主というよりも、同志のように見えました。
これからの柳井町商店街がとっても楽しみです。
武井さん、お忙しい中お話をきかせていただきありがとうございました。

  • 掲載日:2015/10/1
  • 取材・文/ドリームネットワークアクティビティ 川井知子

浮雲書店店主
武井 裕章
1985年 愛媛県松山市生まれ。
学生時代に古本のすばらしさに魅了される。
卒業後、職を転々としつつ『古本屋』開業を計画し、準備開始。
2014年5月、浮雲書店開業。
地元松山で一人でも多くの人に大好きな古本を知ってもらいたく奮闘中。
http://ukigumosyotenn.blog.fc2.com/
湯川住み方研究所代表
湯川 一富
2005年に不動産賃貸業を松山で開始。
『快適で楽しい賃貸住宅を創造する!!』
を目標に高入居率・高収益を達成。
自らゼロから企画し、今まで松山に無かったものを創りたい
という思いから、2011年より『新築収益物件プロジェクト』をスタート。
2013年3月に第一弾物件「SPIRAL」完成。