2013.1.31
リノベーション

リノベーション。最近よく聞くワードです。ザックリ簡単に言えば、

リフォーム・・・新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)

リノベーション・・・新築時の目論みとは違う次元に改修する(改修)

 

湯川住み方研究所の事業内容は大きく分けて2つです。

『新築建築&プロデュース』

『物件リノベーション』

 

新築建築は現在進行中ですが、もう一つの柱、物件リノベーションが始まります。物件は戸建て・マンション・賃貸住宅・店舗と色々あるのですが、今回は賃貸住宅です。

 

re02_03b

 

DSC01464

 

普通の1DKです。オレンジの扉が完全に浮いてます。

 

 

お金を掛ければ、ある程度いいものは出来上がります。しかしマイホームと違い収益物件の場合お金を掛けすぎると改修費用を回収するのに時間が掛かりすぎますし、収益性も悪くなります。ここはポイントを絞った資金投入とデザイン・住み方提案が必要です。

 

 

明日から工事開始。今日はリノベーションできる喜びをかみしめた感謝のイチニチでした。

 

 

2013.1.28
中間検査

平成24年12月3日、本日は中間検査です。

ビーフンデザイン進藤さん、早朝の便で東京から来てくださいました。

 

 

DSC01424

 

 

進「いいですね~」

 

 

DSC01455

 

 

進「いいですね~~」

 

 

DSC01453

 

 

進「いいですね~~~」

 

 

でました、いいですね~3連発!! ちなみに私はいいですね~30連発発射しましたが・・・。

 

狙いどおり縦方向にのびやかに空間を作ることで、土地の狭さを全く感じさせません。入居される方に喜んでいただける空間になりそうです。

 

DSC01423

 

この日の打ち合わせは夜まで続きました。

 

 

関係者皆さんの本物のデザイナーズアパートメントを造る!!という熱意と情熱に感謝と感動のイチニチでした。

 

*ブログのペースが速すぎてスイマセン。早く現実に追いつきますので、もうしばらくお付き合い下さいませ。

 

 

2013.1.25
祝 上棟

平成24年11月12日いよいよ上棟です。

ここまでの道のりが平坦でなかっただけに、今日は私にとって特別な日になりそうです。

 

DSC01310

 

西岡社長みずから陣頭指揮!!

 

 

DSC01308 DSC01316 DSC01356 DSC01385

 

たったの二日間で上棟完成です。

 

最近では見かけなくなりましたが、愛媛では上棟日は餅投げや赤飯炊いたりして、ご近所の皆さんと一緒になってお祝いします。今日はその気持ちが少しだけ分かったような気がしました。

 

関係者皆さんのおかげで無事上棟完成したことに感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2013.1.22
ヘリをチャーター

平成24年10月27日基礎流し込みです。

配筋検査をクリアし、あとはコンクリを待つばかり。記念にヘリをチャーターし航空写真で激写!!

 

DSC01238

 

 

 

・・・・・ヘリをチャーター・・・・・

 

 

 

・・・・・ス、スイマセン・・・・・ウソですっっ・・・興奮してしまいつい・・・

お隣のマンションからです・・・

 

 

コンクリを流し込み、待つこと数日

 

DSC01250

 

美しいしっかりとした基礎が完成しました。次回は上棟なので壁のない状態を見るのはこの工程で最後ですが、やはり平面状態で見ると部屋が小さく感じます。ここからいかに開放的な空間に演出できるか立体的に仕上げていきます。

 

 

連日天気が良く、作業がはかどるお天気に感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2013.1.19
工事開始

平成24年10月13日ついに工事開始です。

 

DSC01139

 

企画・マーケティング・設計プランにかなりの時間を費やしました。収益的に見れば機会損失は大きかったとも言えますが、企画部分は一番重要ですので妥協はできませんでした。

 

将来、湯川住み方研究所で家やアパートを建てたい、所有物件をリノベーションしてみたいお客様にも企画や打ち合わせにはとことん付き合っていただきます!!

 

 

今日は関係者の皆さんのおかげで、無事着工まで辿り着いた事に感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2013.1.17
実は・・・

皆様もうお気付きだとは思いますが、1月1日から始めたこのブログ、実は一年程前から新築プロジェクトは始まっていたのですが、HPとブログの準備が遅くなり完成まで二カ月を切った今頃になって大急ぎでブログを開始しました。

 

反省。

 

反省ついでにもう少し過去の出来事にお付き合い下さいね。

 

 

今日は内容が速すぎると心配(指摘)してくれた友人に感謝のイチニチでした。

 

 

2013.1.15
設計プラン決定

プラン決定しました。模型公開!!

 

DSC00832

 

DSC00831

 

らせん階段でつなぐ3階建+ロフトの4層構造です。吹き抜け高さ約9メートルを独り占めです。また、無駄なものを削ぎ落としシンプルで美しいです。

想像、いや妄想するだけで鼻血がでそう・・・住み方マニアにはたまりません。

 

コンセプトで初めに決めた

『住む人がダントツで楽しいと思える住宅』

『自分も住みたいと心底思える住宅』

『松山では誰も見たことがないようなデザイナーズ物件』

すべて満たしています。

 

ただ、間取りは?と聞かれたら何と答えればいいのか・・・

 

 

今日は鼻血がでそうなくらい妄想したイチニチでした。

 

 

 

2013.1.12
こだわり

ビーフンデザイン進藤さんからのファーストプランがあがってきました。外観デザインもカッコいいし、住み方を想像してもかなり楽しい。立体的な構造で専有面積も35㎡前後あり、ターゲットは単身者なので十分な広さです。

 

しかし問題が発生。簡単に言えば東京と松山、各自治体でビミョーにルールや環境が違っており、お互い自分の自治体のルールが全国共通だと思っていました。

 

進「もう一度別プラン作ります。」

 

ファーストプランを少し改良すれば十分使えるのですが、もっといいプランを考えてくるとの事。いいものを造りたいというこだわりです。

 

019-422c0

 

 

今日はいいものを造りたいと心底思ってくれている関係者皆さんに、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.10
建築家との出会い

今日は衝撃的な出会いがありました。

(株)ビーフンデザイン進藤強氏です。

建築家とは今まで全く接点がなかったせいか、どういう職種か具体的に知りませんでした。なんだか敷居が高そうな・・・

 

しかし初めてのプレゼンで進藤さんの考えを聞いたとき、特に印象に残っているのは「自分が住みたいと思う、すごく楽しいものを造りたい」と。

私と考えている方向が一緒で、イケル!一緒に仕事がしたい!絶対いいものが出来る!と一瞬で感じました。

 

かくして意気投合するのに時間はかからず、いよいよ設計スタートです。

 

DSC01558

 

 

熱い思いをもった建築家、進藤さんとの出会いに、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.7
高松の姉

前回のブログでも書きましたが、熱い思いを胸に私の思い描いている企画をいざ形にしようと行動に移しましたが、なかなか現実はキビシイ!!なにせ今まで松山に無いもの・誰も見たことの無いものを作ろうとしているのだから・・・・。

試行錯誤を繰り返し、時間だけが過ぎ行く中で一人でもがき苦しんでいた時、一本の電話が・・・

 

「ゆっちん元気?新築進んでる?」

 

電話の主は、ひだまり不動産のうっちゃんからでした。私の師匠でもあり友人でもあり姉のような大切な人です。またうっちゃんの手掛けるリノベーション物件はとても素敵で、いつも感動&あこがれていました。

 

ゆ「実は○○××でなかなかうまくいかなくて・・・」

う「じゃぁ私と一緒にやろう!!」

 

今回の新築プロジェクトの全体プロデュースを快く引き受けてくれました。

 

 

今日は、二つ返事で引き受けてくれたうっちゃんに、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.5
賃貸収益物件を企画するにあたって

どの業界でもそうですが、お客様のニーズは多種多様化しています。この商品売れるのかなぁ?と思う商品が売れたり支持されたり、ファッションや車でも個性的な主張をしている方をよく見かけるようになりました。

賃貸マーケットについても選択基準として、既存の立地や住みやすさ+個性的な物件・デザイン性の高い物件に住みたい入居希望者は数は少ないが一定で確実な需要があると感じています。

 

また昨今の賃貸経営は大変厳しい環境にさらされており、松山市の賃貸住宅市場の空室率は22%にもなります。アイデアを駆使して他物件との差別化を図っても、思い切って大金を投入してリフォームしても、その手法が成功すると他物件でもすぐに模倣されます。結局『他と一緒』の物件になり、行き着くところは家賃の値下げでしか差別化できなくなります。

 

そこで思うのは簡単に模倣出来ないデザイン性の高い物件。表面だけではなく後からなかなか変更できない構造的な設計デザイン。マイホームでは味わえない面白い住み方提案。住むことが楽しい特徴ある賃貸住宅。そして赤字経営にならないような全体計画。

 

CA390147

 

 

今日は私のアツイおもいと決意のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.3
新築収益物件プロジェクト始動

昨日のブログに紹介した狭小地、購入することに決めました!!

狭小地は総取得価格は安いのですが、収益物件を建てる場合デメリット多いです。他にも色々あるメリット・デメリット・リスクを客観的に判断して、購入することに決めました!!挑戦です!!

 

DSC00845

 

 

いよいよ始まるプロジェクトに喜びと感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.2
挑戦

挑戦・・・たたかいをいどむこと by広辞苑

 

長年賃貸経営に携わっていて、ひそかな思いを胸にずっと抱いていました。

『既存のアパートやマンションはどれも同じで面白くないなぁ。自分が一から企画した面白い新築物件創りたいっっ!!』

 

そんな時(約1年前ですが)、ある土地と出会いました。立地もよく、大通りから少し入っているので静か。角地で風通しもよく、市内電車の駅から徒歩1分。しかし問題点がひとつ・・・・土地が狭い!いわゆる狭小地です。

 

DSC00847

 

ここで『挑戦』の二文字が頭をよぎる・・・

 

 

この狭小土地との出会いに感謝と感動のイチニチでした。

 

 

 

2013.1.1
皆様 新年明けましておめでとうございます。

はじめまして 湯川住み方研究所  湯川一富と申します。

不動産に関わらせていただいて8年程になりますが、自身色々実践してきてつくづく思うのですが、

 

私、本当に不動産が大好きです!!

 

ですが、”面白い”不動産はまだまだ少ないです。
築年数・立地・土地形状などで価値が決まってしまう現状に、あまり面白くないと思っていました。

固定概念にとらわれない考え方、今まで松山に無かったものを創りたいという思いから
この度 湯川住み方研究所のホームページとブログを始めました。

湯川住み方研究所の一貫したコンセプト(社訓?)は

 

”みつけよう、自分らしい住み方。”

 

です。
皆さんに少しでも面白い不動産をご提案できるよう、日々楽しく活動していきます。
これから宜しくお願い致します。

 

 

pagetop

CATEGORY


ARCHIVES