2018.10.15
ぼくらの市民会館 秋

昨日は久々の休日だったこともあり、今治市民会館で開催されたイベント『ぼくらの市民会館 秋』に行ってきました。

 

DSC_1998

 

DSC_1984

この建物全体を使ってのイベントは初めてです。凄い!

 

DSC_2014

大階段をのぼると色んなお店が出店されてました。目移りしますね。

 

DSC_1990

三浦菓子店の三浦さんも出店。ずっと食べたかったマカロンは絶品でした!*来年春頃新店舗OPEM予定との事。

 

 

マカロンやわらび餅・コーヒーを飲みながら、あらためて周辺を散策。

DSC_1983

今治市民会館 1965年完成。

世界的建築家 丹下健三が手掛けた今治市内にある建築の一つで、鉄筋コンクリート造の重量感あふれる外観。50年以上経っても色褪せないカッコよさ。何だろう・・・本当にカッコよくて美しい。

 

DSC_2002

今治市役所、これも丹下健三作。美しいと素直に思う。

 

DSC_2001

昔の市役所前から広小路を抜けて今治港までの写真が。何で泣けてくるんだろう?

 

丹下健三は終戦後焼け野原だった今治市中心部に市民が集える広場をこの市役所・公会堂・市民会館を囲んで作ったとか。前述のカッコよくて美しいと感じたのは、建築家の思いが市民ファーストで市民に愛される建築企画だったからでしょう。現在は駐車場になってますが、今でも今治の象徴的な場所には変わりないですね。

 

 

DSC_2020

18:00~LIVE『冬にわかれて』。

市民会館と音楽がこんなにも合うなんて。幻想的でイイ!

 

主催者で今治ホホホ座の豊島さんの最後の挨拶も印象的でした。以前から言われていますが、この市民会館は耐震性や維持管理費の問題で取り壊しが議論されています。今治市が誇る文化遺産は大切に保存してもらいたいですね。

 

今回のイベントはただ楽しいだけではなく色々考えさせられて深かった、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.10.12
ガラス・塗装工事@やなぎ堂リノベプロジェクト

おはようございます。久しぶりにスッキリ晴れて気持ちのいい朝でした。THE 秋晴れ。

 

DSC_1867

クルクルも穏やかに回ってます。

 

穏やかな気候とは裏腹に、こちらやなぎ堂リノベ工事は連日急ピッチで進んでいます。

DSC_1904

ガラス屋さん、急ぎながらも慎重にガラスを運ぶ。

 

DSC_1910

手際よく次々とガラスを取り付けていく。私と違って一切の無駄が無い、いや隙が無いと言うべきか。

 

DSC_1965

間髪入れず塗装工事開始。養生を次々と仕上げる。隙が無い。今回は急いでもらってゴメンね~。

 

 

夜は柳井町商店街理事のみんなで夏の親睦会でした。10月に夏の親睦会って・・・

DSC_1972

ほろ酔いのヤング洋品店の宮本さん、昔ヤンキーが買い物に来てた時の思い出話がオモシロすぎる(笑。

 

DSC_1969

 

DSC_1971

美味しい料理とお酒に大満足。みんなイイ顔してる~

 

普段の真面目な会議とはまた違って、酒を酌み交わしながら腹の底から笑って付き合うのも大切ですよね。この楽しい感じがそのまま街の雰囲気にも表れると思ふ。

 

 

そうこうしてると冬の親睦会がやってくる、感謝と感動イチニチでした。

 

 

2018.10.2
土間打ち&ガラス交換 @やなぎ堂リノベプロジェクト

10月に入ると暑さも和らぎ、日中は過ごしやすくなってきました。とは言ってもここの所毎週末に台風がやってきては甚大な被害をもたらします。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 

先日の古本イベント『やなぎ堂書店』も無事終わり、再び工事再開。順調にすすんでおります。

DSC_1868

平日の昼下がり。今日はネコ一匹すらいない・・・・

 

DSC_1847

土間打ちをする為、1Fでモルタルを作りポンプで各階に送ります。

 

DSC_1856

材料となる砂とセメントで1Fフロアが大渋滞。

 

DSC_1849

腕利きの左官職人がペースト状のモルタルを丁寧に均して、廃墟感を残しつつカッコよく仕上げます。発注がマニアックでスミマセン。

 

DSC_1861

窓も一度外してみると経年でサッシ枠が変形・劣化しています。特に鉄サッシは劣化が激しく、場合によってはそのままにしておくことも。古い建物をリノベする場合は内装を剥がしたり外したりしてみなければ分からない箇所も多々あり、その都度判断して対応します。←ここ結構大変なんです(涙

 

 

DSC_1871

夕食は商店街にあるお気に入りの食堂 『毎日のおいしいもの まとか』にて。大盛りベーコンシーザーサラダをモリモリ食べる。あぁ~ウマい!

 

 

リノベ工事はオモシロい!工事はまだまだ続くよ、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.9.24
2018 やなぎ堂書店 Vol.1

秋といえば読書の秋!昨日は工事中のやなぎ堂ビル全体を使った古本イベント 『やなぎ堂書店』 を開催しました。

 

DSC_1790

 

 

SKM_C754e18091417510

県内外の古書店が一日限りの出張本屋さんとして集まって頂きました。

 

DSC_1799

オーニング出したら何となく以前からあったような書店に見えてきたから不思議。

 

DSC_1762

いよいよ12:00~ゆるやかにOPEN。書店らしい空気感がイイ感じ!

 

DSC_1788

 

DSC_1777

 

DSC_1771

本の轍 店主の越智さんは笑顔さわやか。私にもおススメの一冊を優しく教えて頂きましたヨ。

 

DSC_1764

ほやけん洞。のんびりこんが伝わります。

 

DSC_1815

な夕書 店主の藤井さん、高松の予約制古本屋さん!藤井さんは気さくでお話がとってもオモシロい。

 

DSC_1796

蛙軒さん(写真右上ブース)。なかなかハードな本を持込んで頂いてたらしい。*他の店主談。イイね!

 

DSC_1766

我らが浮雲書店のブース。無人なのはお店がすぐそこなので、店主武井さんはお店とブースを行ったり来たり。

 

DSC_1765

 

DSC_1769

 

DSC_1805

受付ブースはアイロン台。フライヤー完売。

 

DSC_1794

 

 

DSC_1778

イラストレーター西武アキラさんのワークショップも同時開催。女の子も興味津々デス。

 

DSC_1774

木村邸カフェさんにも来ていただきました。コーヒーの香りがビル全体を包み込む。それにしても本とコーヒーの相性は抜群ですね。

 

DSC_1795

中には一般の一箱出店者さんもいます。値付けとおススメコメントを書いて工夫されてます。イイね!

 

DSC_1785

 

42373641_293359537927064_5178039218034704384_n

 

DSC_1767

 

DSC_1803

本を手に取り、店主と会話を楽しみながらお客さん店主それぞれ思い思いの時を過ごされてました。何ていうか見ていて心が穏やかになる魅力が本にはあるのでしょうか?この場の空気感は新鮮でしたね。

 

 

DSC_1828

18:00~『古本屋店主のホンネ』と題して、普段聞けないディープなトークセッション。店主の皆さんはお話が面白く、人間的にも魅力的です。二時間ずっと爆笑の連続。本好きにはたまらない時間だったと思いますが、私のようにそんなに深く本に関心の無い人にもぜひとも聞いて欲しいですね。本の魅力に気付き、自分の中で新たな発見があるかも。

 

 

DSC_1835

築50年のやなぎ堂ビル、リノベ完成前の最後の姿。灯りと笑い声が漏れてステキな雰囲気。フィナーレを飾るには最高のイベントだったと思います。建物や不動産を活用し色んな事が起こる 『 場 』 をこれからも作っていきたいですね。

 

 

主催者で通称タケタケコンビの竹野さん竹内さんお疲れ様でした。本ってイイですね!私も新たな自分の一面を発見したような気がした感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.9.18
イベント案内@やなぎ堂書店

9/末の基本工事完成に向けて、ただいま絶賛工事中のやなぎ堂リノベプロジェクト。その完成前にひとつイベントを開催することに。

 

 

『 やなぎ堂書店  』

SKM_C754e18091417510

2018.9.23(日)12:00~

手作りフライヤーいい味出してる!壁のクラックも忠実に描かれてます(笑)

 

市内在住の古本好きな女性二人組からイベント会場としてこのビルを使わせて欲しいと依頼があったのが先月。私としても古くて歴史の詰まったこのビルが、昔の面影が残る最後の最後にみんなで賑やかにフィナーレを飾るにはイイなと感じ快諾しました。企画もオモシロそう!

当初は3Fのみで開催予定でしたが、やるなら全フロア使ってみる?ってことでビル全体が一日本屋になります。

 

 

↓以下イベントページから抜粋

『 やなぎ堂書店 Vol.1 』
柳井町の空きビル・やなぎ堂が、一日限定本屋に。

香川・高松の完全予約制古本屋「なタ書」もやって来る!

【日時】2018年9月23日(日) 12:00〜20:00
【場所】やなぎ堂ビル
(愛媛県松山市柳井町1丁目2-10)

 

昼の出張本屋 (12:00〜17:00)

・なタ書
・浮雲書店
・本の轍
・蛙軒
・ほやけん洞 and more…
◎イラストレーター・西武アキラのワークショップも同時開催!
◎香川からドライフラワーのお店も出店!
◎特別出張!木村邸カフェのコーヒーとケーキもあります

一箱古本出店者も募集!
当日、一般の方で出張本屋を盛り上げてくれる一箱古本出店者を募集します!(出店料 500円)
出店をご希望の方は、下記のメールアドレスよりお問い合わせ下さい。

 

夜の古本屋座談会 (18:00〜20:00頃)

参加費 1000円

定員 30名(要予約)

「なタ書」店主・藤井佳之さんと、

松山の古本屋店主による、古本屋談議。
本屋業界のウラ話もあれこれ飛び出すかも…?
予約はメールまたは予約フォームにて受付中です!

◎予約フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhBYMwJ31-xa-aEJhfJfnUGps0d0Rt2RyvXQpbv6rVJRx-Iw/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

◎メールアドレス
event.ron3@gmail.com

 

 

DSC_1738

主催者のはるかさん。オモシロ魅力的な女性です。

 

 

私も古本の魅力にどっぷりハマってみよう!ハマるのか?感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.9.9
もんじゃの洗礼

先日、東京へ出張に行ってきました。

 

DSC_1555

日本一長い半島、佐田岬半島。美しいですね。

 

早速物件見学。

DSC_1634

旗竿地に建てられた、完成ホヤホヤのネコ専用アパート。

 

DSC_1658

ネコと一緒に快適に暮らせる工夫が満載でした。私はネコを飼ったことが無いので随所の工夫に孫子の「兵法の極意」を思い出す。

 

湯「へぇ~、ほぉ~」

 

恥ずかしいがそれしか口から出てこない・・・・やはり知らない分野を学ぶのはオモシロい!野本先生ありがとうございました。

ちなみにこの大きなハンモック、ネコの昼寝用にしては贅沢では?と思ってたら、これは人間用との事。また恥をかく・・・

 

 

続いて築地に完成した、ビーフンデザイン設計RC造10階建てマンションを見学。

DSC_1589

この日は設計士や協力業者さん中心の勉強会に参加。一般内覧会とは違い、専門用語が飛び交う難しそうな内覧会でした。ワタクシ住み方マニアにはたまらないひと時。

 

DSC_1601

1F店舗スペース。色んな事例がオモシロい。

 

DSC_1598

ビーフンスタッフの森くん、あだ名はモーリー。一緒に住み方を考える。一級建築士合格おめでとう!

 

 

夕食は月島のもんじゃ。本場のもんじゃは初体験。ワクワク

DSC_1613

まずは素直に店員さんに教えてもらった通りにやってみる。ドーナツ状の土手を作り、水気の多い生地を流し込むと・・・

 

DSC_1612

アァァァァァ~いきなり土手決壊、修復不可能!!テレビで見たもんじゃと何か違う、いや明らかに違う!店員さん爆笑してる!誰か助けて~。

次回リベンジを誓う。

 

 

東京で見たもの聞いたものを松山に持ち帰り、置き換えてみて自分なりの解釈を加えて実践してみようと思います。

 

 

いつも思うのですが今回も仕事か遊びかよくわからん感じがとても充実して良い感じだと思った、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.9.7
給排水・軽鉄工事 @やなぎ堂リノベプロジェクト

柳井町商店街にあるビンテージビルリノベーションプロジェクト、「やなぎ堂PJ」。久々投稿になりましたが、着々と工事は進んでおります。

 

DSC_1567

 

 

DSC_1667

壁下地が組みあがってくると、1F店内がイメージし易くなりますね。

 

DSC_1670

右端が2F~3Fへ登っていく店舗入り口になります。ここはマニアックな路地裏感とこの先何だろう感を出したくて、間口をギリギリまで狭く設定。冷蔵庫入るだろうか・・・・

 

 

夜は商店街内にある、毎日のおいしいものまとか先日のカモン夜市の打上げ

DSC_1672

出店者さん、演者さん、スタッフで楽しいひと時を過ごしました。沢山食べて飲んでしゃべった~!みんなありがとう~

 

 

やなぎ堂ビルも10月上旬に基本工事完成予定。そこから各テナント内装工事でしょうか?来年のカモン夜市打上げは、このビルの新店舗さんも加わっているといいな。

 

 

相変わらず妄想が止まらない、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

2018.8.12
FOR RENT 更新しました

入居者募集中です。

『 やなぎ堂ビル(仮) 』 2018年10月ビル改装工事完成予定。4部屋募集中です。

『 SPIRAL 2号室 』入居者募集中です。

『 RENO13 APARTMENT 402号室 』8月末退去予告がでましたので、9/中旬~入居可です。

詳細はFOR RENT賃貸物件情報ページより御覧下さい。

ご質問・内覧希望の方は、お問合せフォームより受付中です。

お気軽にお問合せ下さいね。

 

2018.8.6
日本経済新聞 2018.8.4 に掲載頂きました

日本経済新聞 (2018.8.4 日本経済新聞社)にて、弊社取り組み事例・商店街活動を掲載頂きました。

 

白黒P33

 

 

DSC_1542

 

 

 

_K2A1545

RENO13 APARTMENT

 

_K2A1523

ALLEY APARTMENT

 

IMG_0777

浮雲書店

 

DSC_0676

やなぎ堂薬局跡地。リノベーション工事中。

 

P8250002

新築テナントビル(仮)建設予定地。2019年春頃完成予定。

 

 

街を絡めた事業内容・建築企画、これまでのこれからの柳井町商店街での活動など取材頂きました。

これからも松山から発信する楽しい住み方・暮らし方・街の在り方を提案していきたいですね。

 

 

『 みつけよう、自分らしい住み方 』

 

 

今日も充実した、感謝と感動のイチニチでした。

 

2018.8.4
まつりのあと

大盛況だった一大イベント 『 カモン夜市 』 から早一週間。

興奮冷めやらぬ思いを抑えつつ、賑わいを取り戻した街になったと確信し、急ぎ本日の柳井町商店街を覗くと・・・・・・・

 

 

DSC_1404

 

 

 

ネコ一匹すらいない・・・・・

 

平和すぎる・・・・・

 

あまりの静寂に、普段より有線の演歌が身に沁みるぅ。祭りの後の静けさですな(笑)。

 

 

本日時間が空いたので、最近面白い事をやってるグループのところへ遊びに行ってきました。

DSC_1542

伊予匠ノ会。

 

愛媛の若手建築関係の職人・士業のメンバーで構成されたその道のプロ集団。

今回の西日本豪雨災害で被災した方々へ義援金ではなく、匠ならではの技と心を子供たちに届けようと自分たちで捕まえたカブトムシをプレゼントするとの事。すばらしい!

 

DSC_1543

一つ一つ丁寧に虫かごの底に無垢床フローリングを敷く匠達。コダワリがハンパねぇ、流石です。

 

DSC_1549

大きなカブトムシ。きっと子供たちは喜びますね!

 

 

祭りの後の寂しさも、匠達の粋な心意気に私も元気が出てきた、感謝と感動のイチニチでした。

 

 

pagetop

CATEGORY


ARCHIVES